• ホーム
  • プロペシアとミノキシジルの併用で効率よくAGA治療

プロペシアとミノキシジルの併用で効率よくAGA治療

2010年に公益社団法人日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」は、国内におけるAGAの標準的治療試案として作成されたものです。
現在薄毛に対して実施されている多種多様な方法をA~Dまでに分類しています。
この中で最高ランクのAに分類されたのがプロペシアとミノキシジルで、それぞれ内服療法と外用療法における第一選択薬として用いるべきと評価されています。

なお、プロペシアとミノキシジルの作用機序には違いがあるので、併用することでさらに効率的なアプローチを実現することが出来ます。
ごく簡単に言うと、プロペシアによる効果は薄毛の進行を食い止めるというもので、ミノキシジルは発毛力を促進するという方向で作用します。
このために、これらの2種類の併用は著しい効果アップを期待できるので、かなり進行してしまった状態からでも回復させることが可能です。

また、プロペシアとミノキシジルは得意とする脱毛症の部位にも違いがあるので、どちらか一方だけを使用した場合では改善するのが難しいタイプも併用することでフォローできる可能性があります。
具体的には、プロペシアはM字ハゲと呼ばれている生え際が後退するタイプにも有効で、ミノキシジルはつむじの周辺が拡大するO字ハゲというタイプに特に効果的です。
このために、生え際から頭頂部までの広い範囲が薄毛となってしまっているような場合には、プロペシアとミノキシジルを併用するのが最も適当ということになります。

このように、AGAが進行した人にとっては非常に頼りになるプロペシアとミノキシジルは、共に副作用のリスクもあるので医師の指導のもとに使用しなくてはなりません。
つまり、前者はAGA外来を設置している医療機関から処方されるのが賢明で、後者は第一類医薬品に指定されている商品を購入するのが最適ということです。

逆に、個人輸入代行業者で販売されているミノキシジルの内服タイプのミノタブは、薄毛ではなく高血圧を改善するための治療薬です。
このために、この治療薬を通常血圧の人や低血圧の人が服用するのは危険です。

低血圧ならばミノキシジルの服用に注意

「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で共に最高ランクのAに分類されたプロペシアとミノキシジルは、併用することで薄毛の進行を食い止める上に強力な発毛力を促進します。
育毛における顕著な効果アップを期待できます。
ただし、プロペシアには勃起不全や精液の原書などの性機能の低下、ミノキシジルには多毛症や副作用などの副作用のリスクもあるので、決まりを守って正しく使わなくてはなりません。

ちなみに、ミノキシジルは男性型脱毛症診療ガイドラインにおいてAという最高ランクに分類されています。
これは育毛剤などの頭皮に塗布するアイテムに対しての限定的な評価であり、成分全体に対してのものではありません。
つまり、一部で使用されているミノタブと呼ばれている内服薬を用いるのは適当ではないということになります。

このために、2017年に改めて発表された日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、ミノキシジルの内服は行うべきではないという意味の最低ランクのDに分類されています。
これは、元々は降圧剤として開発された薬で日本国内では認可されていない上に、呼吸困難や動悸、心拍数の増加などが発症するリスクがあるからです。
特に低血圧の人が服用すると、深刻な心血管系障害を起こす危険があるので、皮膚科学の視点からは強く行わないように勧めるとしています。

このように、プロペシアとミノキシジルを併用することによる薄毛に対してのアプローチは、効率的というメリットがあるだけではないので、内容について十分に理解してから実践しなければなりません。
個人で全てを網羅するのは簡単ではないので、AGA外来で医師の指導のもとで行うのが、最も安全かつ適当な行動です。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧