• ホーム
  • AGAの改善をするならプロペシアを服用

AGAの改善をするならプロペシアを服用

鏡を見て、髪を気にする男性

AGAを改善したい人はプロペシアを服用するのが良いでしょう。
AGAによる薄毛の改善には飲む育毛剤とも言われているプロペシアの効果が必要になります。
それは、AGAが原因となって薄毛になったり抜け毛が増えている場合、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が問題となっているからです。

DHTは男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼによって変換されることで作られる物質です。
DHTはAGAを発症している人の薄毛になっている部分を調べると多く確認できますが、それはDHTが髪に対して退行期や休止期に移行せよという命令を出すことが原因になっています。

プロペシアはフィナステリドという有効成分が配合されている薬ですが、この薬を服用すると酵素5αリダクターゼを阻害できることによりDHTがあまり作られなくなります。
その結果DHTの影響で成長できなかった髪が成長して伸びたり、細くなっていた髪にコシが出てきたりといった変化が期待でき、AGAによる薄毛が改善できるという仕組みです。

AGAの改善を目指してプロペシアを服用するなら、毎日1回きちんと服用し続けることが重要なポイントになります。
この薬には即効性がなく、効果が出ているかどうかを判断するには時間がかかるという特徴があります。
そのため、一般的には半年以上プロペシアを飲み続けてからAGAの改善効果が得られているかどうかを判断します。
しかし、人によっては3カ月ほどで薄毛の改善効果が見られることもあるので途中であきらめずに服用を続けていきましょう。

プロペシアを飲んでいると副作用が起こる可能性もあります。
何れにしてもこの薬を飲まない限り、DHTの生成を抑えることができないためAGAの進行を止めることができません。
AGAを治したいと思っている人にとってプロペシアは必須アイテムに近い位置づけの薬になっています。
プロペシアは多くの医療機関で処方してもらえるので、AGAに悩んでいる人は早めに服用を始めてはいかがでしょうか。

プロペシアの副作用で男性機能が低下する?

プロペシアは飲む育毛剤の一種であり、フィナステリドという成分が配合されています。
そのためAGAの原因となる物質の生産を阻害することができますし、AGAの進行を抑制する効果があるということです。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと酵素5αリダクターゼが結合することによって作られる物質です。
このDHTが受容体と結合することにより、髪の毛の成長を止める物質がつくられるということです。
AGAは髪の毛の成長が止まることにより、抜け落ちてしまうという症状です。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは酵素5αリダクターゼによる活性を阻害するという作用があり、服用することでテストステロンがDHTに変換されるのを防ぐことができます。
最終的に脱毛命令を出す物質も作られなくなりますし、AGAの進行が止まるという仕組みです。

プロペシアの効果の出方は個人差もありますし、場合によっては3ヶ月程度で変化を実感できることもあります。
しかし、確実に効果が出るまでは半年以上の服用が必要と言われており、即効性はないということです。
また、効果を持続させるためには継続的な服用がポイントであり、服用する量を増やしても効果がアップするわけではありません。

プロペシアの副作用として男性機能が低下するという話を聞いたことのある人もいるでしょう。
この薬は元々前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われていたものです。
使用していた患者の髪の毛が濃くなったという効果が出たため、AGAの治療にも使われるようになったということです。

つまり最初から髪の毛の悩みを解消するために作られた薬ではなく、男性ホルモンのバランスを変化させるために開発された薬となっています。
男性機能の低下という副作用はホルモンバランスの変化によって発生すると言われています。
具体的な症状としては勃起障害や性欲減退などといったものが挙げられます。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧