女性特有の薄毛を治す方法について

「女性なのに毛は薄くなってきた⋯⋯」

薄毛は男性のものだけだと一般的に考えられているので、抜け毛が増えて薄くなってくると、不安になりますよね。

でも、この記事を読めば安心です。

この記事でわかること

女性特有の薄毛の種類

それぞれの薄毛に適した改善方法

男性にも女性にも薄毛の症状が出る脱毛症はいくつもありますが、特に女性が発症しやすいものがあり、それぞれ適切な改善方法があります。

女性特有の薄毛の種類について

女性がなり得る薄毛には、以下のような種類があります。

  • びまん性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 分娩後脱毛症

それぞれ見ていきましょう。

びまん性脱毛症

女性特有の薄毛にびまん性脱毛症があります。

これは頭皮全体が薄くなっていくのが特徴で、女性ホルモンの減少や乱れた食生活、生活習慣やストレスが原因です。

長年の生活週間が原因になっているため更年期を迎えた頃から起こりやすくなります。

自分では分かりにくいが、髪の毛がパサついているならば注意信号だ!

円形脱毛症

男性や女性に関係なく起きるのが円形脱毛症です。

これは年齢に関係なく発症するのが大きな特徴で、頭に円形や楕円形のハゲができます。

円形脱毛症の原因はストレスだ!
ストレスが軽減されれば自然に治癒するので悩み過ぎない事が重要です。円形脱毛症は時間の経過と共に治癒に向かっていくことが多いです。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は髪の毛を引っ張りすぎる事で起こる脱毛症です。

アップヘアやポニーテールなどのヘアスタイルを長期間続けないようにしよう!
引っ張られすぎると過度に力がかかった部分の毛が抜けてしまい、後から生えてくる毛も細くて弱々しいものになってしまいます。また、ドライヤーやヘアアイロンで無理に引っ張るのも避けましょう。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、女性ホルモンのエストロゲンが産後に急激に低下することが原因です。

産後1年ぐらいで女性ホルモンが安定すれば自然と改善されていくから過度の心配は無用だ!
これらの薄毛の改善には育毛剤やシャンプーを化学的な成分が入っていないものにして、頭皮環境を整えるのが有効です。

ただ長い期間がかかる可能性があるので、シェンミンやハーグ療法のようなダイレクトに効果のある方法を試すのが改善の近道です。

様々な脱毛症と改善方法

それぞれの脱毛症の改善方法を見ていきましょう。

びまん性脱毛症

加齢で発症する人が多いびまん性脱毛症には、髪にツヤを与えるビタミンなど美容成分が配合されたシェンミン(サプリタイプ)が適しています

シャンプーはできるだけ髪や頭皮に優しいもの、具体的にはアミノ酸シャンプーや育毛シャンプーがおすすめです。

育毛剤を使っても改善しない場合にはウィッグや増毛という手段もあるぞ!
最近では、育毛成分を注射器やレーザーで直接頭皮の毛穴に注入する「ハーグ療法」などの毛髪再生医療もあります。

毛髪再生医療は他の手段と比べて最も効果の高い医療行為で、施術が受けられる病院によっては、9割以上の患者の薄毛が改善したというデータもあるほどです。

円形脱毛症

円形脱毛症の一番大きな原因はストレスで、このストレスが解消できれば自然に症状が改善する人もいます。病院はもちろん、必要なら周囲の人に相談し、悩み事は解決していきましょう。

女性ホルモンの乱れが原因で脱毛が起こる可能性もあるぞ!
加齢や妊娠、出産だけでなく、生活習慣も大きく関係するためバランスのとれた食生活や睡眠をしっかりとるなど、思いあたる点は見直しましょう

牽引性脱毛症や分娩後脱毛症

牽引性脱毛症や分娩後脱毛症は、特に病院で治療を受けたり育毛剤を使わなくても自然に治る脱毛症です。

牽引性脱毛症の場合、髪型を頻繁に変えることや、長時間髪を縛る、エクステ、強い力でのブラッシングなどは避けましょう

分娩後脱毛症は女性ホルモンのバランスが安定する産後一年程度まで、生活習慣に特に意識しなければなりません。

初めての子育ては疲れもストレスも溜まるが、周囲の協力を得て体を休めよう!
女性が起こりやすい脱毛症は特に生活習慣が大きく関係していますが、自分で対策をしてもなかなか改善しない場合は市販の育毛剤を使う方法があります。

このように薄毛を改善する方法は数多くあるので、あきらめずに自分に合った方法を見つけましょう。