プロペシアのジェネリック医薬品『フィンペシア』を徹底解説

プロペシアのジェネリック医薬品の中では、フィンペシアが最も有名です。ここでは、フィンペシアについて徹底解説致します。

プロペシアとフィンペシアでは効果や飲み方に違いはない

プロペシア(フィナステリド)とフィンペシアは薄毛対策のための飲み薬です。フィンペシアは、プロペシアのジェネリックであり、両者の有効成分は同じです。

そのため両者の間には多くの共通点があり差異はほとんどありません。どちらもジヒドロテストステロンという薄毛の原因となってしまうホルモンが生成されるのを阻害することができ、抜け毛を防ぎます。日本皮膚科学会では、「内服療法の第一選択薬として用いるべきである」と推奨しており、治療には3か月から6か月の期間を要します。

服用方法は1日1錠を水と一緒に服用します。毎日飲み続けることが大切で、途中で飲み忘れることがないように注意が必要です。

また、フィンペシアを服用することによって、男性機能に関して勃起不全を引き起こしたり、性欲減退や射精生涯、精子量の減少などが発生する可能性があります。これは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、体内で作られる男性ホルモン量を減少させてしまうからです。しかし、ただ発現率はわずか0.2%以下とされているので、それほど気にすることはありません。

プロペシアとフィンペシアは製造会社や国が異なる

プロペシアの有効成分の開発はアメリカメルク社で行われました。もともとは前立腺肥大の治療薬として開発され、プロスカー(フィナステリド5mg錠)という商品名で販売されています。

そして、プロスカーの有効成分・フィナステリドが男性型脱毛症において、抜け毛を減らし、毛髪の成長を促すことがわかったのです。その後、フィナステリドが1997年12月22日に男性型脱毛症の治療薬としてもプロペシアが認可されることとなりました。日本ではMSD株式会社が扱っています。

プロペシアの価格は、病院を受診した場合は、診察料や検査料などを含めて11,000円から32,000円が相場です。自由診療となるために健康保険を使うことができず、高額な治療費が必要となります。しかも、継続的に服用していかなければならないので、経済的な負担を大きいです。

しかし、プロペシアは、病院で処方してもらわなくても、ネット通販の個人輸入代行サイトで購入が可能です。通販で買うと、プロペシアは5,000円から6,000円前後と送料となります。病院と比べると半額以下になるのです。

レッド 挙手(左)
レッド 挙手(左)
さらに、ジェネリックのフィンペシアになるとさらに価格は安くなるぞ安さを求めるならフィンペシアだ!
フィンペシアの製造会社は、インドのシプラ社です。しかし、プロペシアは厚生労働省の承認を受けているのに対して、フィンペシアは国内未承認の薬なので、安全性には不安が残ります。

安全性を重視するならプロペシアが良い!

安全性を第一優先するのなら厚生労働省の認可を受けているプロペシアがおすすめです。少し価格が高くても、安全に服用することは重要なことです。

病院であれば医師に相談できたり、調子が悪いときにも対処してもらうことができます。しかし、少しでも費用を抑えたいという場合は、通販サイトを利用することをおすすめします。

通販サイトは、病院で処方されるのに比べると、費用を抑えることができます。不安な場合は、最初だけ病院に行き、後は通販サイトで購入するというのも手です。プロペシアの安全性に関しては厚生労働省も認可しているので問題はありません。

最安値で薄毛の治療を行いたいという場合は、ジェネリックのフィンペシアが良いでしょう。基本成分が同じなので、実は安全性という点でもほぼ同じです。実際に多くの人が服用し、大きなトラブルの報告もないようです。

インターネットが普及し、このような無認可の薬でも簡単に手に入れることができるようになりました。なお、個人輸入サイトはプロペシアを購入する場合であっても、トラブルが起きた場合は自己責任となります。