プロペシアで起こる初期脱毛の原因

プロペシアの服用による初期脱毛は副作用ではありません。初期脱毛は飲みはじめて2週間ほど続きます。初期脱毛が生じる理由は、有効成分の影響で毛母細胞が活発になり始め、毛包が休眠から目覚めるからです。

プロペシアの服用による初期脱毛は副作用ではない

プロペシアの服用で発生する初期脱毛は、AGA治療を始めた初期に生じます。初期脱毛とは、プロペシアの使用開始直後に抜け毛が増え始め、一時的に抜け毛の量が増える事です。しかし、この現象は副作用ではありません。ヘアサイクルを正常に戻す際の変化と捉えられています

初期脱毛が生じるということは、言い換えれば、薬の効果が現れ始めている証拠です。やがて抜け毛が落ち着いて、ヘアサイクルが正常になります。プロペシアを始めると一気に量が増えるので驚くのも無理はないです。

ただ、抜け毛に驚いて服用を止めれば、折角のプロペシアの服用が無駄になってしまいます。初期脱毛を乗り越えることで、ようやくプロペシア本来の効果が目に見え始めますから、最初の内はしばらくの我慢しましょう。

大量に抜ける毛の多くは、休止期に入りいずれ抜ける毛です。タイミングが早いか遅いかに過ぎません。ヘアサイクルが正常化すると、髪の毛1本あたりの寿命が延びて、毛量が回復するのです。

したがって、初期脱毛は、正常に戻すために避けられない現象であって、副作用とは異なります。

初期脱毛は飲みはじめて2週間ほど続く

初期脱毛の期間は、飲み始め直後の1週間から2週間で終わると言われています。しかし、長い人だと3か月ほど続くのです。1か月程度で済む人もいるので、プロペシアによる初期脱毛は、個人差が大きいと言えます。

正常な人が1日に抜ける毛の本数は、一般的に50本から100本ほどとされています。しかし、AGAの治療で初期脱毛が発生すると、抜け毛は1日に200本から300本くらいに増加するのです。

もちろん、短期間で1日に200本から300本も毛を失えば頭髪全体の毛量は減ります。しかし、これはヘアサイクルが正常化する際の過程です。

まずは、1週間から2週間を乗り越え、次に1ヶ月2ヶ月と経過すると、初期脱毛は落ち着いてプロペシアの効果が現れ始めます

プロペシアの服用を行わなくても、AGAは抜け毛の量を増やしますから、治療を始めなければ結局は症状が進行するのです。ヘアサイクルを正常に戻して毛髪の成長を促す、これこそがAGA治療における大切なポイントです。

プロペシアの服用を始めて発生する初期脱毛は、短い場合だと1週間から2週間、長ければ3ヶ月くらいの期間です。本数は通常の2倍から6倍ですが、個人差が大きいので決まった本数を断言するのは不可能です。ヘアサイクルが正常化すると、髪の毛1本あたりの寿命が延びて、毛量が回復します

初期脱毛は、正常に戻すために避けられない現象なのだ!

初期脱毛は毛包が休眠から目覚めることで生じる

プロペシアの服用で初期脱毛が生じる理由は、有効成分の影響で毛母細胞が活発になり始め、毛包が休眠から目覚めるからです。毛包が休眠状態から目覚めるのは、毛周期の短縮化を引き起こすジヒドロテストステロンの働きを、プロペシアが阻害することで、生じます。

プロペシアの影響によって毛母細胞の働きが高まり、新しい髪が成長して古い髪の毛が押し出されます。それこそがまさに初期脱毛で、ヘアサイクルが回復して正常な髪が育ち始めた証拠です。初期脱毛はいわば、眠っていた細胞が髪の毛を成長させ、古いものと入れ替える作業と表現できます。

初期脱毛は、ポジティブに捉えられるものです。ヘアサイクルの正常化に伴うので、心配はいりません。時間が経てば落ち着き、抜けた部分には新しい髪が生えてきます

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱す張本人で、抜け毛を増やしたり髪の毛を細く短くして、毛量を減らしてしまいます。一方、プロペシアの初期脱毛を経ると、太くて新しい髪が次々と生えてくるのです。

毛包が休眠した毛がプロペシアによってジヒドロテストステロンから解放されることで、抜け毛が減ります。

最初だけ辛抱しよう。初期脱毛を乗り切ればあとは生えるだけだ!