プロペシアとミノキシジルを併用

プロペシアとミノキシジルを併行するとAGAが飛躍的に改善します。ミノキシジルは毛乳頭細胞の動きを活性化させることで発毛させるのです。ミノキシジルを使用する際はミノキシジルローションを用いましょう。

プロペシアとミノキシジルを併行するとAGAが飛躍的に改善する

プロペシアとミノキシジルを併用すると、高いAGAの改善効果があります。

プロペシアは、ジヒドロテストロンの生成を防ぐという効果があります。一方、ミノキシジルの主な効果は、頭皮の血流改善により、発毛を促すというものです。また、毛乳頭細胞を活性化させることによる発毛作用も確認されています。

ジヒドロテストロンには、ヘアサイクルを短くしてしまう作用があります。この働きが活発になってしまう事で、抜け毛が促進されてしまうのです。プロペシアの主成分であるフィナステリドには、ジヒドロテストロンの生成に必要な5αリアクターゼの働きを阻害します。

5αリアクターゼは、男性に限らず人間が誰しも持っている酵素です。主に前頭部や頭頂部に存在しており、この部分の5αリアクターゼと男性ホルモンが結合すると、脱毛を引き起こします。

プロペシアの使用により、ヘアサイクルを短くすることを防止し、抜け毛を抑えるのです。

ミノキシジルは毛乳頭細胞の動きを活性化させることで発毛させる

ミノキシジルは、もともと発毛効果を期待されて開発された薬ではありません。ミノキシジルは、血管拡張作用を有する薬です。いわゆる、降圧薬です。

ミノキシジルを降圧剤として使用していた際、毛が生えてくるという副作用が生じました。そこから改良されて、AGAの治療などに利用できるようになったのです。

ミノキシジルの効果は、頭皮の毛細血管の血行改善と、毛乳頭細胞の動きを活性化だ!

毛乳頭細胞が活発に動くことによりヘアサイクルを延長させ、発毛効果を高めていきます。さらに、毛乳頭細胞から作り出される髪の毛の成長因子の産出を促すのです。

ミノキシジルは、髪の毛の成長期に必要な因子であるVEGFとFGF-7などを増殖させます。このVEGFとFGF-7は、それぞれ作用が違います。

VEGFは、血管の無い所に新たに血管が作られるときに働きかけます。このVEGFの働きが活発になることにより、頭皮の血行が良くなります。

FGF-7には毛幹伸長効果があります。これが発毛効果につながるとされています。こうした効果から、ミノキシジルには高い発毛効果が期待できると言えます。

ミノキシジルを使用する際はミノキシジルローションを用いる

ミノキシジルには、頭皮に直接塗るローションタイプと、ミノタブと呼ばれるタブレットタイプがあります。

プロペシアと併用する際には、どちらのタイプを利用すれば良いのでしょうか。結論から言うと、プロペシアと併用してAGA治療を行う際には、ローションタイプの使用をお勧めします。なぜなら、ミノタブは、高い効果が見込める半面、内臓に負担をかけるからです。

プロペシア自体内臓に大きな負担をかけます。特に肝臓に疾患を抱えている人は要注意と言えるでしょう。

ミノキシジルローションの中でもお勧めできる商品は、ロゲインやリアップ、ポラリスです。

まず、ロゲインは、日本皮膚協会の公表しているガイドラインで、AGAなどの薄毛治療に効果があるとされています。リアップは、臨床試験などのデータを公式サイト上などで公開しており、確かなデータで確認できます。ポラリスは頭頂部から後退していく症状と、前頭部から進行していくAGA両方のタイプに効果が期待できます。