プロペシアは女性の薄毛には効果なし!それどことか女性にとってはNGな薬

プロペシアは女性の薄毛には効果ありません。妊婦や授乳婦にとってはプロペシアに触れることすら禁忌とされています。ただし、プロペシア服用中の男性と女性の接触は問題ありません。

プロペシアは女性の薄毛には効果なし

プロペシアが男性型脱毛症に効果のある薬であることはすでに証明されています。しかし、女性の薄毛には効果がありませんプロペシアは、男性特有の薄毛の症状にしか効果がないのです。

男性ホルモンのジヒドロテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結合することで薄毛が促進されていまします。

女性の薄毛の場合は、FAGAと呼ばれています。

FAGAとは、女性型の薄毛や脱毛症状だ。AGAとは根本的に異なるぞ。

髪の一本一本が細くなったり全体の髪のボリュームが少なくなってしまうAGAとよく似ています。

この症状は、加齢による女性ホルモンの分泌量が原因と考えられていますが、FAGAとAGAでは全く症状が異なるのです。

そのため、服用する薬も異なります。女性がプロペシアを服用すると、体へ害悪を与えることになってしまうので、服用してはいけません。

プロペシアの主成分はフィナステリドは、男性ホルモンの酵素が5α-リダクターゼとの結合を抑制します。しかしながら、FAGAの原因は、ジヒドロテストステロンではありません

妊婦や授乳婦にとってはプロペシアに触れることすら禁忌

妊婦や母乳を与えている授乳婦にとってはプロペシアに触れることすら禁忌です。

まず、妊婦については男児の性器の発達に大きな影響を与えてしまいます。プロペシアの主成分のフィナステリドが男性ホルモンに作用する薬であることから、男児の生殖器に影響を与えてしまうリスクがあるのです。

奇形児が生まれてしまう可能性もあるので、絶対に触れてはいけません

プロペシアは、成人男性に限っては何ら問題は生じません。しかし、妊婦のお腹の中にいる胎児を始め、成長途中の男児にも悪影響を及ぼします

さらに、授乳婦がプロペシアに触れてしまうと、母乳を介して男の赤ちゃんや乳幼児に影響を与えてしまう恐れがあるのです。

プロペシアは成人男性には良い効果をもたらしますが、女性や男児については害悪をもたらす可能性が高いです。

そのため、配偶者がAGA治療中の場合にはプロペシアの取り扱いに十分に注意する必要があるのです。プロペシアは女性には悪影響をもたらしてしまうのです。

プロペシア服用中の男性と女性の接触は問題なし

女性がAGA治療中の男性との性行為やキスなどの接触を行う行為について不安を感じる方も多いでしょう。

しかし、プロペシアの主成分であるフィナステリドは、性行為や膣内への射精では精液への移行性はほとんど見られないので安心して良いと考えられます。MSD製薬がAGA治療中の成人男性におけるプロペシアの精液中濃度を調べたところ、その影響はごくわずかであることが分かりました。

プロペシアの添付文書に記載されている臨床実験では、プロペシアの主成分のフィナステリドが精液へ移行するのはたったの0.00076%でした。この程度であれば、女性の体に何の害もありません。

唾液からもフィナステリドは移行しない事がわかっているぞ!キスもし放題だ!

そのため、AGA治療中の男性との性行為や妊活を行ったとしても、何ら問題はありません。したがって、重要なのは、女性がプロペシアに触れたり、服用したりしないことです。それ以外は人体への影響は殆ど見られません。